痛み止め・鎮痛剤情報局TOP > コビックスの効果

消炎鎮痛剤としてお馴染みのセレコックスのジェネリック、それがコビックスです。

コビックスの効果

コビックス

コビックスの先発薬・セレコックス

コビックスの先発薬・セレコックス

非ステロイド性抗炎症・鎮痛剤のセレコックスは関節痛や筋肉痛、関節リウマチの症状を抑える薬です。有効成分はセレコキシブで、他にも腰痛や歯の痛みなどを鎮める痛み止めです。ロキソニンと同じNSAIDsという分類の薬であり、こちらは持続性に優れています。NSAIDsという種類の痛み止めは、体内で起きる痛みや炎症などを起こす物質(プロスタグランジン)を抑制し、緩和していきます。シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素から作られるのですが、セレコックスはその働きを阻害するため、服用すると痛みが鎮まっていくのです。

セレコックスは鎮痛作用が高く副作用も少なめなのですが、医療機関で手に入れなければならず、ロキソニンよりも価格が高めです。ですので手軽に入手するには少々難しい薬にあたります。そのような場合、ジェネリックを利用により解決出来ます。インドの製薬会社であるシプラ社製のコビックスはセレコックスと同様の作用があります。

コビックスもセレコックスと同等の効果を持ちます

コビックスとセレコックスの効果

有効成分のセレコキシブにより、COXを阻害し痛みを緩和していきます。実はCOXにはCOX-1とCOX-2と2種類があるのですが、COX-1は胃粘膜の保護、COX-2には炎症や痛みを引き起こすという働きがあります。セレコックス及びコビックスはCOX-2を選択的に阻害しますので胃が荒れにくいというメリットがあるのです。

コビックスは海外医薬品のため、それを取り扱う通販サイトで購入をしなければなりませんが医療機関へ行かなくても自宅で注文できる手軽さがあり、ジェネリックのため価格も割安です。診察代や交通費も必要ありませんのでトータルで見てもお得になるはずです。

関節リウマチの痛み止め

コビックスはもちろん関節リウマチにも効果を発揮します。初期症状には硬直状態により物を握ることが難しくなっていく「こわばり」という症状が起きます。それが進行すると関節痛や関節の変形が起きてしまい、動かしてしまうと痛むのでやがて体を動かす事自体もやめてしまい全身の倦怠感や疲労感を生む症状なのです。

コビックスは鎮痛剤としての痛み止めの他にもリウマチの悪化を防ぐという効果もあります。正しく服用すれば症状が軽いまま生活が出来ますので、お困りの人は服用してみてはいかがでしょうか?