痛み止め・鎮痛剤情報局TOP > 管理人の体験談

私が日々体験している片頭痛についてのページです。痛み止めは欠かせません。

管理人の体験談

管理人の体験談

私は片頭痛を持っています。一般的には女性の方が多い症状ではありますが、男性でもなりうる症状です。かれこれ3年くらいは経ちます。何が原因なのか分からないですがいつの間にかそうでした。一時は心配しすぎてMRIにも行きましたが何も問題はなく片頭痛であるとの答えしかかえってきませんのでそうなのでしょう。でももしも心配であれば脳の検査は受けたほうがいいと思います。いわゆる一次性頭痛ではなく、二次性頭痛の可能性もあるからです。

すぐに痛みを鎮められるマクサルト

マクサルト

私の場合とにかく痛みを確認した場合すぐに痛み止めとして鎮痛剤であるマクサルトを服用します。その場合は30分以内に服用することが望ましいとされていますので常備しております。これを服用するとすっと楽になるので手放せないのです。他にもロキソニンなどがありますが、私はマクサルトのほうが相性がよいかもしれません。ただし痛み止めの効果を四六時中得たいからと言って、服用しすぎるのも逆に頭痛を招いてしまうそうです。私もそれを経験し後悔をしました。あの時は本当に苦しかったです。その反省を踏まえ今は適所で使っています。

海外のマクサルトを購入する

海外のマクサルト

マクサルトは医療機関でしか手に入れられない鎮痛剤です。市販はされていません。しかし個人輸入を行えば話は別です。海外からマクサルトを取り寄せれば手に入れて、使用することが出来ます。しかし個人輸入は少々手続きが面倒ですので現在主流の通販サイトを利用して購入します。運営会社がその手続きを代行するようでユーザーは欲しい商品の代金を支払うだけで大丈夫です。

この方法を覚えたので今では病院でわざわざ薬を貰いに行かなくても自宅で取り寄せすることが出来ますので、時間の節約になっています。また医薬品の通販サイトを利用する場合、ジェネリックも多く揃っており、医療機関で処方してもらうより費用が抑えられます。病院は病院のメリットがあるため全てを否定するつもりはありませんが毎回行くとやはり金銭的にもきついため、通販サイトの存在はありがたいです。

片頭痛が起きるケースを把握する

私が片頭痛を起こす時は多くの人が行き交う繁華街ヘ行く時、低気圧の時に良く起こります。そのときには痛み止めとしてマクサルトを常備していなければ少々不安です。本当は薬のない生活を送りたいですがなってしまったものは仕方ありません。そのリスクを一つでも取り除いていき起こさないようにするのが今出来る最善の方法です。まだ完治させる方法がないとのことですのでいつかその日が来ることが今の願いです。