痛風は尿酸値が高くなると起きる症状です。突然激痛が走り、しばらくは普通の生活ができなくなってしまいます。

痛風の症状

痛風

痛風が起こるわけ

痛風

発症すると激痛が走り、日常生活にも支障が出てしまう症状である痛風。尿酸値が高くなり、高尿酸血症となってしまうとやがて発症します。尿酸は人間の体内で作られるもので、腎臓から排出されていくのですが、高尿酸血症になるまで尿酸を体内で作りすぎ排出が追いつかなくなってしまうとどんどん溜まっていきます。すると関節に溜まっていき結晶化していくのです。そしてその結晶が剥がれてしまうと白血球が異物とみなして攻撃をします。それが関節の炎症を引き起こし、赤く腫れて激しい痛みとなり現れます。これが痛風が起こる理由です。ちなみにこの痛みは痛風発作と言います。

尿酸値が増える理由にはカロリーオーバーの食事により尿酸の生産が上回り、排出が追いつかないことで起こります。中性脂肪の多いバランスの悪い食事、いわゆるプリン体の多い食材です。特にレバー、魚卵、魚の干物などが該当します。野菜を食べずに肉や魚ばかり食べているのは最も駄目な事です。ビタミンとミネラルもしっかり取って下さい。

お酒も尿酸値を高める原因となります。プリン体が多いものはビールといわれていますが、アルコール全般が痛風の原因です。それは代謝により尿酸が合成されるからです。つまり日頃より飲酒をする人は要注意なのです。ストレスが溜まりやすい人は暴飲暴食に走ることが多いため、発散が出来る趣味を持つことが痛風の予防に繋がります。

痛風の特徴

痛風の特徴

痛風は足、特に親指の関節が赤く腫れ上がり激しい痛みが生じるのが特徴です。しかししばらくすると何事もなかったかのようにその痛みは消え、生活を普通に送ることが出来ます。ですが痛みが無くなったからといって痛風を放置したままですと、再発してしまいます。尿酸値が減っているわけではなくただ単にその症状が一時的に治まっただけであるからです。放置していても決して完治する症状ではありません。

ザイロリック

そのためザイロリックという薬で尿酸の産生を抑え、尿酸値を減らしていきます。それと同時に食生活も改善していけばより効果が見えるでしょう。高尿酸血症のままでいると、痛風が治らないばかりか患部が足首や膝にまで広がったり、最も体験したくない痛みとして知られる尿路結石、最悪の場合は腎不全を起こす可能性もあるのでしっかりと対処せねばならない症状なのです。