痛み止め・鎮痛剤情報局TOP > 関節リウマチの症状

関節リウマチは自己免疫疾患の一つに挙げられ、自身の細胞に攻撃を加えてしまうために関節が痛み、軟骨や骨の破壊が起きてしまいます。

関節リウマチの症状

関節リウマチ

関節の腫れ・変形が起きる関節リウマチ

関節リウマチ

関節に炎症が起き、症状が進行すると次第に軟骨・骨の破壊が起こり、関節の機能を失うという症状が関節リウマチです。腫れや痛みにより関節を動かさなくても痛むため、非常に辛い症状です。男性よりも女性に発症しやすく、特に30~50代の女性の患者が多いのが特徴です。

関節の痛みの他にも発熱や疲労感、倦怠感も起きやすくなります。原因はまだはっきりと判明していませんが、免疫の異常により起きることが最も有力です。「自己免疫疾患」の一つとされ、病原菌ではない自分の細胞に攻撃を行い関節痛や関節の変形が起きてしまうのです。

次第に動かすことが辛くなる関節リウマチ

関節リウマチ

初期症状は体のだるさや熱っぽさ、さらに朝のこわばり(関節が動かしづらくなる)が起きます。次第に物を握ることも困難になり、さらに症状が進行すると肘や膝などの関節に影響が出てしまいます。免疫の異常によって関節へ攻撃をしてしまい、最終的には軟骨と骨の破壊へ繋がっていきます。

関節は関節包という袋で覆われ、その内側には滑膜という滑らかな組織に覆われています。滑膜は異物の除去、関節内への栄養供給などの役割を持っているのですが、免疫に異常が起きるとその滑膜も自身の細胞に攻撃を加えてしまいます。すると関節、そして骨に炎症が起き、最終的には破壊されてしまうのです。

関節と骨が無くなるとそれだけで激しい痛みが起き耐え難い苦痛となります。そうなる前に医療機関で早期治療をしなければなりません。現在は研究が進み、より早期発見が出来るようになりました。

コビックスを使用し痛み止めを行う

コビックス

関節リウマチの症状が進行すると、日常生活を送るにあたり支障が出ます。その際に用いる痛み止めにコビックスを使ってみて下さい。非ステロイド系の鎮痛剤でロキソニンと似た作用を持っております。コビックスの方が持続力に優れており、さらに抗リウマチ作用にも期待が持てるという話です。

ちなみにコビックスはジェネリックです。先発薬はセレコックスといい、比較すると価格が安いので医療機関で処方してもらうよりも安くなる場合が多いものの、海外医薬品のため通販サイトで購入する必要があります。ですがまとめ買いをする事によってさらに割引が適用される場合が多いので、お得な購入方法であると言えるでしょう。