痛み止め(鎮痛剤)を使い各症状を緩和しましょう。片頭痛や痛風など厄介な症状はすぐに対処すべき症状です。

痛み止め(鎮痛剤)で片頭痛や痛風の痛みをストップする

痛み止め

痛むことで異常を知ることが出来ます

痛みと言うものは非常に厄介なもので、いち早く感知される感覚です。どこかを怪我した場合や、症状により痛む場合など理由はいくつかあるのですが、それによりどこに何が起きているのか大体は分かります。体に異常が起きている場合のサインになるため、厄介なものではありますが重要でもあるのです。もしそんな痛みを感じる事がなかったら?ということを考えると大事な要素であります。痛みが生じるメカニズムとは色々あるのですが面白いものでもあります。

痛み止め(鎮痛剤)の役割

話が少しそれてしまいましたが、痛みが出てきた場合に使うものがいわゆる痛み止めです。鎮痛剤ともいわれます。それぞれの原因に対し有効な成分が働き、緩和してくれる薬です。特に慢性的な症状で悩む人にとっては、痛み止めは必需品になります。その中でも痛みがひどく、何もする気が起きなくなる症状が片頭痛でしょう。その特徴はこめかみやた目の周辺に何かで強く突かれる、押される、といったズキズキとした痛みが生じます。主に片側に起こりますが、両側でも起きてしまうことがありとてもしんどいです。

片頭痛の痛み止めが出来る鎮痛剤マクサルト

鎮痛剤マクサルト

トリプタン製剤のマクサルトを使用すれば大きく改善します。製造販売は杏林製薬、発売元がエーザイ製薬で、医療機関で処方されなければ手に入れられる事が出来ない処方せん薬です。主成分は「リザトリプタン安息香酸塩」といい、片頭痛の原因の一つである、拡張した血管の収縮を行います。三叉神経に作用し、血管を拡張させる物質の放出を抑制します。

マクサルトは片頭痛が起きる前に服用しても効果はありません。かならず片頭痛の症状が確認で

きてから、なおかつ痛みがひどくなる前に服用することが最も効果を発揮するタイミングです。痛みがひどくなった状態に服用をしても十分な効果が得られませんので自覚をしてから30分以内には服用することが望ましいです。トリプタン製剤の中でも即効性に優れているのがマクサルトになります。

リザクト

そしてマクサルトのジェネリックである、リザクトも同様の効果を持っています。こちらの販売元はインドのシプラ社です。なぜジェネリックも一緒にご紹介しているのかというと、処方せん薬の頭痛薬は軒並み金額が高いためです。1錠あたり300円ほどするようなので複数個所持しようとなると少し費用がかさんでしまいます。

その点リザクトは費用が抑えられており商品代金ですみますので、薬だけ欲しいという方にとっては時間の節約にもなります。購入にあたっては海外医薬品となるため医療機関で入手することはできません。取り扱っている通販サイトを利用し、購入する方法が最も手軽に購入できる方法でしょう。

インデラルも偏頭痛に効果のある薬です。予防薬として効果があると言われ、特に片頭痛で苦しむ人にとってはその助けになると思います。とはいえ主に使用されるケースは緊張の緩和、狭心症・不整脈の緩和です。元は狭心症の薬でしたが似たメカニズムである緊張の緩和についてはよく使われることが多くなりました。あがり症の人にとって必需品と言えます。

激痛が走る痛風

痛風

片頭痛の他にも痛みが生じる症状は数多くあります。これも現在なっている、またはなったことがある人でないとその痛みが分からない症状ですぐに思い浮かぶのは痛風ではないでしょうか?「風が吹くだけで痛む」と言われるくらいその痛みは強烈なものです。原因は高尿酸血症による尿酸の蓄積により、関節で結晶化することによって激しい痛みが生じます。

特に足の親指が赤く腫れ何をするにも痛みが生じるため、日常に支障が出てしまいます。次第に各部位にも広がっていき足首や膝にも影響が出てしまいますので適切な処置をしなければなりません。痛風の症状を抑えるにはザイロリックを使用します。一度は聞いたことがあるかもしれない有名な薬です。

ザイロリック

グラクソ・スミスクライン社が販売しており、服用すると原因である尿酸の生成を抑えてくれる働きを持っています。それにより体内の尿酸も減っていき次第に症状が治まっていくのです。最も気をつけるべきことが食事面です。肉を中心とした食生活、アルコールの摂取が多いと痛風を招きやすくなります。まずは根本的に生活を見直しつつ、ザイロリックを服用し尿酸値を下げていきましょう。

女性の患者が多いリウマチ

慢性的な痛みの症状として厄介なものが片頭痛の他にもあります。リウマチです。関節が炎症を起こし痛みが生じます。次第に軟骨・骨が破壊され関節としての機能を果たさなくなり関節が変形してしまうという恐ろしい症状です。特に女性の患者が多く、年齢を重ねると起きやすくなります。はっきりとした原因は分かっていないものの女性の患者数が多いのは、免疫の異常によるものではないかとの考えがあります。

コビックス

このリウマチの痛みを抑えるにはセレコックスを使用すると緩和されていきます。またマクサルトと同様にジェネリックも販売されておりこちらもインドのシプラ社製のジェネリックであるコビックスを利用するのがおすすめです。主成分のセレコキシブが同様に配合されており、リウマチを始め関節炎や筋肉痛にも効果を持つ消炎・鎮痛剤になります。

用量を守り適した痛み止め(鎮痛剤)を使いましょう

痛みが生じてしまう数々の症状があるように、それに対処できる痛み止め・鎮痛剤もまた数多く存在します。きちんと用量用法を守り対処していけばすぐに抑えることができ、普段通りの生活を送ることが出来ます。特に片頭痛に関しては完治させることが難しい症状ですのでいかに上手に付き合っていくかがポイントです。日頃より日常生活を送る際に無茶をしないよう、そして常に対処出来るよう準備を怠らないようにして下さい。

おすすめの記事

マクサルトの効果

マクサルトの効果

マクサルトは片頭痛が起きた際に使用する痛み止めです。痛みを感じたらすぐに服用して下さい。痛みがひどくなった場合や、その前に服用をしても効果はありません。

ザイロリックの効果

ザイロリックの効果

ザイロリックは痛風が起きた際に使用する痛み止めです。正確にに言えば鎮痛剤してではなく予防するために使います。服用すると体内で作られる尿酸を抑え、尿酸値を下げる働きを持っています。

インデラルの効果

インデラルの効果

インデラルは狭心症予防の薬として使われています。また現在はあがり症の予防薬としても広く知られています。心臓が過剰に動くのを抑え、脈を安定させる効果があります。

コビックスの効果

コビックスの効果

コビックスは消炎鎮痛剤として筋肉痛や関節痛に広く効く薬です。また関節リウマチの痛み止めとしても高い効果を持ちます。セレコックスのジェネリックにあたり、比較すると価格が安いためコストパフォーマンスが良いといえるでしょう。